譲葉 〜ユズリハ〜

的が外れた 優しささえも

全てすくいあげてくれた あなたはもう

教えてよ 戯言と言われた話の続きを

見届ける為に背中を必死で追いかけた

ひとひらも逃さない

目の当たりにしたんだ

折れる事ない心を受け止め掲げる

あまねく空に浮かぶ

雪に焼き付いた記憶を携えて行く

ひたむきに 憧れた背中に忍び寄る分れ道

気付かぬまま優しい嘘に包まれ立ち尽す

すれ違い 間を外す

先へ進める様に

道を示し消えたと 残り香が告げる

涙越しに滲んだ

闇夜にたゆたう 雪は薄紅色に

教えてよ 夢の続きはこの先にあるんだと

忘れない 刻んであるから

目の当たりにしたんだ

折れる事ない心を受け止め掲げる

涙越しに滲んだ

闇夜にたゆたう 雪は薄紅色に染まる